知らなかった!現代の葬儀事情

記事を検索
Contnets

喪服や小物の常識とは

今までに葬儀や通夜に参列したことはあるでしょうか。
参列したことがないという方もいらっしゃるかと思います。
葬儀や通夜などは突然起こるものです。
その時に慌てないためにも着ていく服について知っておくことが大切です。
そのためには喪服を事前に用意しておきましょう。
社会人になると会社関係の方やそのご家族が亡くなるとういことも十分にあり得ます。
またご自身のご家族を亡くす可能性もあります。
今後葬儀や通夜に参列する機会も増えることが考えられます。
またご自身が喪主や遺族になる事も出てくるかもしれません。
その場にふさわしい服装で出向くのは社会人として常識です。
そのためにもどういった服装で参列したらよいのかをきちんと知ってくことをお勧めします。
基本的に葬儀や通夜に参列する場合は喪服を着用します。
喪服とは黒で統一されたスーツです。
黒色だからといって何でもいいわけではありません。
光沢が入っていたり、ベロアのような素材では喪服として適していません。
ブラックフォーマルとしてお店で販売しているものを選べばまずは間違いないと思います。
子供を連れて参列する際は、その服装に迷われる方も多いかもしれません。
基本的には子供の場合は暗い色の服装であれば問題ありません。
幼稚園や保育園の制服を着用いてもいいと思います。
その際に身に着ける靴下なども白にすることをお勧めします。
また女性の方で迷われるのがどういったアクセサリーを付けるべきなのかということです。
喪服を着るとあまりにも全身真っ黒なのでアクセサリーの一つでも付けたいと思うかもしれません。
通夜や葬儀の際は、真珠をつけます。
基本的にダイヤなどの光るアクセサリーは身に着けないことがマナーとなっています。
それでは遺族として通夜や葬儀に参列する場合は、どのような服装をすればよいのでしょうか。
基本的には通夜も葬儀も喪服での参加となります。
昔は葬儀だけ喪服を着用すればよいと言われていたのですが、通夜への参加者が増えたこと、セレモニーホールなどの会場で行うようになったこともあり喪服で参列するのが一般化しています。
男性の場合は黒のブラックフォーマルスーツに白いワイシャツ、黒のネクタイを締めます。
この時にタイピンはつけてはいけません。
女性の場合は、洋装される方と和装の方といらっしゃいます。
洋装の場合は黒のフォーマルスーツを身に付けます。
夏場の式の際は暑いからといって肌をあまり露出してはいけません。
もちろんバッグや靴も黒にします。
その際も光沢がない素材を選びましょう。
Copyright (C)2017知らなかった!現代の葬儀事情.All rights reserved.