知らなかった!現代の葬儀事情

記事を検索
Contnets

遺族へかける言葉とは

親しい人や家族を失った時の悲しみは何事にも耐えがたい物があります。
遺族が嘆き悲しんでいるのを目の当たりにすると何と声をかけていいのか戸惑ってしまう事もあるのではないでしょうか。
葬儀などの場において遺族にどんな言葉をかけたらいいのかを知っておきましょう。
まず最も一般的に使われるお悔みの言葉は「このたびはご愁傷様でした」という言い回しです。
弔問に訪れたりした方や、通夜葬儀に来てくださった方は遺族に対して必ずこの言葉を投げかけると思います。
いきなり遺族に対して死因を尋ねたり死に際の様子などをうかがうようなことはしてはいけません。
そういった詳しい事は遺族から話があるまでは待つべきです。
もちろん遺族にかける言葉は通夜や葬儀の場だけでなくても使うことができます。
例えば亡くなった人によっては通夜や葬儀に出向かない場合もあります。
また弔問でご自宅に伺わないこともあるでしょう。
会社関係の付き合いの場合は代表者が式に出席するために香典だけを渡してもらうパターンも多いのではないでしょうか。
葬儀などがひと通り済んでから、遺族となってしまった人に会った際もこういった言葉をかけてあげることをお勧めします。
また「このたびは大変でしたね」といった言い回しでもいいかと思います。
いずれにせよまずは遺族の悲しみをねぎらう言葉をかけるのが常識です。
それでは通夜や葬儀の場ではどういった言葉をかけるのが適しているのか順番を追ってみていきましょう。
通夜や葬儀に参列する際は必ず受付をするかと思います。
その際受付にたっている人間は遺族の方ではありません。
近所の方や親せきの方が引き受けてくれる場合が多いのです。
そこで香典を渡して記帳を済ませるのですが、その際にやはり「このたびはご愁傷様でした」と声をかけるといいかと思います。
会場の入り口付近では遺族の方が出迎えてくれます。
その際にも挨拶をするのですが、他にも多くの参列者が見えることが考えらえます。
遺族は来てくださった方全てに挨拶をする必要がありますので特定の人にだけ長く話をしているわけにはいきません。
また遺族は御坊様への挨拶も必要ですので慌ただしいのです。
それなので挨拶等はできるだけ手短にすませましょう。
地方にもよりますが、通夜の後に食事の振る舞いを提供してもらえます。
お誘いを受けた時は遠慮なく頂きましょう。
その際に遺族の方と多少はゆっくり話をできる時間も取れるかと思います。
お酒をふるまわれる場合もありますので、よっばらったり騒いだりしないように気を付けましょう。
Copyright (C)2017知らなかった!現代の葬儀事情.All rights reserved.