知らなかった!現代の葬儀事情

記事を検索
Contnets

葬式で慌てないためには

以前から長らく病気を患って亡くなる方もいれば、突然亡くなってしまう方もいらっしゃいます。
いずれにせよ人の死は突然やってくるものです。
亡くなった方に成仏してもらうためには葬儀を滞りなく済ませたいと思うでしょう。
そこで実際に近しい人が亡くなった時慌てないためにもどういった事をするべきなのかを知っておきましょう。
まずは事前に葬儀会社に相談をしておくことも重要です。
葬儀の経験豊富という方は一般の方でそう多くはないと思います。
それなので余計にいざそういった機会が出てくると慌ててしまってどうしていいかわからないのです。
そこで葬儀のプロである葬儀会社に事前に相談をしておくことも重要です。
葬儀会社によってはいずれは起こり得る葬儀のために事前に積み立てを募っているところも多いのです。
そのようにして金銭的にも予め準備をしておくと慌てることもないかと思います。
ご自身の近しい人でも高齢でもまだまだ元気だから当分長生きすると思って安心してはいけません。
人の死は本当に突然やってくるものなのです。
私の知り合いの方でも80代のおじいさんがいらしたのですが、元気に一人暮らしをされていたのだそうです。
しかしある日近所の方が新聞が数日分たまっていることに気づき異変を感じたのだそうです。
そこで民生委員の方と一緒に自宅に入ったところお風呂で心臓発作を起こしてなくなっているのを見つけたのです。
急な葬儀になり知り合いの方はかなり慌てていました。
家族に高齢者がいる場合はいつどんな形で死を迎えるのかは予測がつきません。
そのためにも事前の準備は非常に大切だと思います。
次に万が一家族が亡くなった場合は喪主を誰が努めるのかを決めておきましょう。
一般的なのは亡くなった方の配偶者やもしくは長男、長女が引き受ける場合が多いです。
しかし高齢で亡くなった方の場合は配偶者の方も高齢である場合が多いので、その方のお子さんが喪主を務められる場合が多いです。
また地方によっても異なるかと思いますが、親戚代表を決めることもあります。
その際は誰にその役割をやってもらうかを事前に考えておいたほうがいいと思います。
お墓の確保や宗派の確認も必要です。
先祖代々から伝わるお墓がある場合はそのお墓に納骨すればいいのですが、もしもお墓がない場合はどこのお寺にお墓を建てるのかを考えないといけません。
またお寺によっても宗派が異なりますのでどこのお寺に建ててもいいわけではないのです。
それも生前に調べておいたほうが後々慌てずに済むと思います。
Copyright (C)2017知らなかった!現代の葬儀事情.All rights reserved.